加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

コミック版日本の歴史『戦国人物伝 立花宗茂』刊行のお知らせ!!

 平成31年(2019)2月中旬、株式会社ポプラ社より、加来が企画・構成・監修いたしました、コミック版日本の歴史シリーズの第68巻『戦国人物伝 立花宗茂』が、いよいよ刊行となります。

 作画は、コミック版日本の歴史シリーズでおなじみの中島健志先生であり、同シリーズにおいて最も多くの作品を手掛けてくださっております。原作は、加来とは切っても切れない名コンビの、静霞薫(しずか かおる)先生です。

 豊後国(大分県)で生まれた立花宗茂は、実父・養父ともに名高い武将を父に持ち、文武両道に秀でた青年として成長します。九州三大勢力の一(いつ)である大友宗麟(そうりん/豊後国・大友氏当主)、豊臣秀吉・秀頼らに仕えて、次々と戦果をあげた宗茂は、徳川四天王のひとりである「東」の本多忠勝と並び、「西国無双」と称せられるほどでした。
 関ヶ原の合戦においては、石田三成率いる西軍に属し、獅子奮迅の活躍をして、自らの参加した大津城攻めでは勝利したものの、関ヶ原本戦での西軍の敗北によって、改易されることとなります。
 その後は、苦しい暮らしを強いられますが、本多忠勝の仲介もあり、宗茂は徳川家康に仕えることとなりました。大坂の陣での活躍などもあって、ついに宗茂は、旧領である柳河藩の大名として復帰を果たしました。関ヶ原の合戦での改易後、旧領において大名として復帰したのは、宗茂ただひとりとされております。
 並いる戦国武将の中で、生涯にわたり一度も敗れたことがなく、その武勇と人柄によって、当時も今も人々を魅了し続けているのが、立花宗茂なのです。

 なお、コミック版日本の歴史シリーズにおきましては、上記の九州三大勢力のうち、宗茂の主君であった『大友宗麟』も来たる4月に、ついに刊行決定! 『龍造寺隆信』は6月に刊行予定となっております。『島津義弘』につきましては、既に刊行されております。また、宗茂が仕えた『豊臣秀吉』『徳川家康』『徳川家光』をはじめ、戦国時代関連のタイトルもすでに多数ご用意しておりますので、併読を賜われればなお、ありがたく存じます。
 お子さまはもとより、お子さまをお持ちの保護者の方、社会人の方も、歴史が好きな方であればどなたでも楽しんでいただけますので、ぜひ、お手に取ってご一読いただけますと幸いです。

【ポプラ社 コミック版日本の歴史『戦国人物伝 立花宗茂』】


                 (平成31年2月8日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)



メルマガ会員募集中

この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中

加来耕三のメルマガへの6登録はこちら