加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

今だからこそ学びたい『幕末維新の師弟学』が令和3年1月に刊行!!

「守・破・離」という、学びの基本が語られなくって久しい日本――。
 しかし、150余年前に、明治維新を成し遂げた日本人、あるいは日本を変えようと奮闘した江戸後期から明治にかけての、歴史上の人物は、いまのようにインターネットなどの便利なツールのない中、それこそ必死に学んで自らを高め、日本の尊厳を守りました。
 そこには、現代の日本ではあまり見られなくなった、師と弟子の〝邂逅〟(かいこう・運命的な出会い)、一対一の、個対個の親身の関係が、重きをなしていたのです。
 こうした先人たちの学びの基本を、私たちは改めて見直すべきときに来ているのではないでしょうか。

 ――その思いを込めて、加来がこのたび上梓しましたのが、淡交社から1月18日(月)に発売予定の、『幕末維新の師弟学出会いが生んだ近代日本』です。

 刊行元である淡交社の紹介文によりますと、
「幕末維新から明治期に活躍した人物は、どのような師につき、どのような教育を受けたのか? 残された彼らの逸話や行動から見えてくる〝師匠と弟子とのかかわり〟から近代日本の歴史を探ります。偉大な人格との邂逅(出会い、めぐりあい)、または師匠が発した言葉や行動、私塾・藩校など当時の教育の内容や様子、教育より生まれた人的な交流・人脈が、新国家建設にどのように作用したのか? を検証します」
 とあります。

 いつの時代になっても、人間の生きる基本である〝学び〟は、一対一の関係が基本であることに変わりはありません。
 本質的には、師との〝邂逅〟――すなわち、与えられたものではなく、自らが課題をもって師を求めることこそが、その大きな第一歩、否、もっとも重要なことではないでしょうか。
 コロナ禍の中、先行き不透明な時代に、立ちつくし、これからどうすればいいのかわからない方は、まず道を示してくれる〝師〟を捜すことです。
 皆さまぜひ、その参考に本書をお読みくださいませ。

【幕末維新の師弟学 出会いが生んだ近代日本】

(令和2年12月25日 加来耕三事務所 髙井岳)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの43登録はこちら