加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

加来のレギュラー番組に中島健志先生がご出演されました!

度々ご案内させていただいておりますが、昨年の10月9日(土)より、加来が解説を務めます『偉人・素顔の履歴書』(BS11・毎週土曜日20時より)が好評放送中です! 日頃よりご覧いただいております皆さま、番組や弊社あるいは加来本人に、メッセージをお寄せいただいております皆さま、誠にありがとうございます!

YouTubeでも、3週間限定の見逃し配信中でして、各回とも、数十万回の再生回数に達しており、大変驚きつつ、非常に嬉しく思っております。第13回「北条政子」(1月15日放送)の再生回数は、番組史上最高の64万回超えを記録しました! YouTube上にも、毎回たくさんのコメントをご投稿いただき、心より感謝を申し上げます。

『偉人・素顔の履歴書』 は、日本史上に名を刻む偉人たちの「偉大な功績」と「意外な素顔」をクローズアップする歴史教養番組です。教科書に記されているような歴史的事実だけではなく、幼少期のエピソードやこぼれ話、最新の研究成果も紹介していきます。MCはフリーアナウンサーの中西悠理さんです。

ところで、最新の放送回である第30回「明治維新三傑の一人・木戸孝允 編」(5月21日放送)におきましては、加来が企画・構成・監修を務めますコミック版日本の歴史シリーズ(ポプラ社)にて、『幕末・維新人物伝 木戸孝允』の作画をご担当くださった中島健志先生がご出演されました! これまでにもご紹介しております通り、中島先生は同シリーズにおきまして、『鎌倉人物伝 北条義時』『幕末・維新人物伝 渋沢栄一』ほか、20作品以上の作画をご担当くださっております。

番組内で中島先生は、漫画家としての視点で、木戸孝允の人物像を丁寧に語ってくださり、大変興味深い内容となっておりました。また、各作品を描く際には、登場人物になりきって筆をふるわれているそうで、その人物が悲しいシーンでは、中島先生ご自身も泣きそうになったり、実際に涙を流されたりすることもあるそうです。中島先生は、コミック版日本の歴史シリーズにおきまして、最も多くの作画を手掛けてくださっておりますので、各巻とも、そうした思いで、魂を込めて作品を生み出してくださっていることを改めて感じ、胸が熱くなりました。中島先生の長年のご尽力に、加来とスタッフ一同、心からの感謝を申し上げます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

中島先生が手掛けられた『幕末・維新人物伝 木戸孝允』は、下記よりご購入・試し読みができますので、ぜひのぞいていただけたらと存じます。

https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/7047065.html

コミック版 日本の歴史65 幕末・維新人物伝 木戸孝允 企画・構成・監修:加来耕三 原作:水谷俊樹 作画:中島健志 ポプラ社

なお、同番組におきまして、次回5月28日(土)の20時からは「源頼朝」、翌週6月4日(土)には「源義経」を放送予定です。いずれも、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の主要人物でもありますので、ぜひご注目いただければと思います。

https://www.bs11.jp/entertainment/ijin-sugaono-rirekisho/

加えまして、番組内ではご紹介しきれなかった「こぼれ話」、視聴者の皆さまからのご質問につきましては、昨年12月28日よりスタートいたしました、YouTube限定の「偉人・素顔の履歴書 加来先生のアフタートーク 偉人・こぼれ噺」にて放送中です。こちらは期間限定ではございませんので、いつでもご覧いただけます。新作は、毎週火曜日の配信となっておりますので、本編とあわせましてお楽しみいただけたら大変嬉しく存じます。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLFv6b8aodEYVRowvKvHC_-sPNa9zTVrp0 ※YouTube配信はこちらから

https://www.bs11.jp/oubo/ijin-aftertalk.php ※加来への質問はこちらから

(令和4年5月24日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの53登録はこちら