加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

福井にて加来が講演を行ってまいりました!

, …

去る6月9日(木)に、福井市のザ・グランユアーズフクイにて、TKC北陸会福井県支部主催の経営セミナーが開催され、「歴史に学ぶ変革期の企業経営」と題して、加来が講演をさせていただきました。

お招きいただきましたTKCの皆さま、ご聴講くださいました皆さまに、心より感謝を申し上げます。誠にありがとうございました!

なお、加来はこの度の講演に伴う出張中に、福井市内および越前市を訪問させていただきました。

まずは、福井市にある「冨田勢源(とだせいげん)道場跡」です。冨田勢源は、戦国時代の剣術家であり、中条(ちゅうじょう)流剣の使い手として知られています。同市西新町には、「とんだ屋敷」と呼ばれる地区があり、彼の道場跡とされる場所が残っています。勢源は、東軍流の流祖・川崎鑰之助(かぎのすけ)の師であり、その宗家に生まれた加来は、勢源の道場跡を訪れられたことに甚く感激しておりました。

続いて、再来年のNHK大河ドラマ「光る君へ」の主人公・紫式部が暮らしたとされ、にわかに注目を集めている越前市へ。ここでは、市庁舎前にて、龍田光幸副市長ご夫妻とお写真を撮らせていただきました。ご夫妻とはそのあと、都内・神楽坂の九頭龍蕎麦の系列店である「うるしや」にて、おいしいお蕎麦をいただきながら、お話をさせていただきました。

(向かって左から、龍田副市長ご夫妻、加来、後藤ひろみさん)

他にも、福井の皆さまと様々なご縁をいただき、新たなお仕事にも繋がり、加来は大変有意義な日々を過ごさせていただきました。皆さま、誠にありがとうございました! 福井滞在中に、毎回お世話になっております歴史作家の後藤ひろみさんにも、改めまして感謝を申し上げます。

(令和4年6月14日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

【追記】上記の後藤ひろみさんが、4年前に原作をご担当くださった『魯迅と藤野先生』(企画・構成・監修/加来耕三、ポプラ社「学習まんが 歴史で感動!」シリーズ第3巻)が、この度、北日本新聞のweb記事にて取り上げられておりました。後藤さんにおかれましては、弊社とのお仕事に、日頃より多大なご尽力をいただき、誠にありがとうございます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの53登録はこちら