加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

北海道新聞に加来のコメントが掲載されました!!

 新型コロナウイルスによる疫禍終息が見えない中、前途多難な状況下で、9月に発足した菅義偉(すが・よしひで)内閣ですが、このたび、加来は「北海道新聞」から菅首相の人事についてコメントを求められ、その内容が同紙の12月2日(水)付5面(総合)に掲載されました。

 記事の主旨は、日本学術会議の任命拒否問題を受けて、各界の専門家の意見を聞き、菅首相の人事を分析したものです。

 加来は歴史家の立場から、戦国時代の人物と現在の政府要人とを比較し、菅首相を、戦乱の世に終止符を打った豊臣秀吉になぞらえ、菅人事と秀吉の能力主義人事を重ね合わせました。
 その理由として、低い身分からのし上がった秀吉の政権が、基盤の弱いものであったのと同様、「党内基盤の弱い(菅)首相は政権運営に失敗すれば次はない」ため、日本学術会議の問題などでは立ち止まらず、果断に成果を出そうとするであろう、と加来は述べています。
 また、記事の結びで加来は、菅首相の果断さゆえに、「秀吉の晩年の朝鮮出兵のように暴走を起こす可能性があり、注意が必要」とも語っております。

 皆さまも、歴史上の人物の事績と現代政治を比較し、その類似点から国政を見守ってみてはいかがでしょうか。

(令和2年12月7日 加来耕三事務所 髙井岳)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの43登録はこちら