加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

論創社・立川文庫セレクション『一休禅師頓智奇談』の解説を、加来が執筆させていただきました!

 来たる平成31年(2019)3月上旬、論創社より、立川文庫セレクション第2弾『一休禅師頓智奇談』(著・野花散人)が刊行となります! ありがたいことに、前作『西郷隆盛』に続きまして、加来が解説を執筆させていただきました。

 立川文庫は、明治末から大正期にかけて爆発的な人気を博し、200点ほど刊行された講談本シリーズです。旅回りの講談師、その妻、連れ子などによって、口演速記や創作書きおろしの形で共同執筆されており、その創作集団の筆名が「野花散人」とされております。

 本作の主人公は、「一休さん」の愛称で親しまれている一休禅師です。弟子とともに旅に出た一休さんは、その先々で、頓智をきかせ、型破りで天衣無縫な言動によって活躍します。

『西郷隆盛』『一休禅師頓智奇談』
『西郷隆盛』『一休禅師頓智奇談』

 一休さんについては、子どもの頃に、日本昔ばなしやアニメ絵本、学習漫画などで目にされた方も多いのではないでしょうか。本作をお読みいただければ、一休さんについて、史実を踏まえた全体の理解をさらに深められ、かつ、知られざるエピソードにも多数出会えるのではないかと存じますので、ぜひ、お手に取ってお楽しみいただけますと幸いです。

【論創社 立川文庫セレクション『一休禅師頓智奇談』】

 (平成31年2月19日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)



メルマガ会員募集中

この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中

加来耕三のメルマガへの11登録はこちら