加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

日本史教材のご案内です。

かねてより、加来を応援してくださっております、東洋大学附属牛久中学校・高等学校(茨城県牛久市)の教諭・本保泰良(ほんぽ・たいら)先生が、この度、『書いて深める日本史 思考して表現する記述問題集』(山川出版社)を出版されました!

先般、弊社にお知らせのメールをお送りくださいまして、加来は早速購入し、私どもスタッフも含めまして、大変興味深く拝見させていただきました。本書は、日本史の教科書を読み込み、自身で考えて文章で表現することにより、日本史の理解を深めることを目的として、作成された教材だそうです。およそ150種の記述式問題に取り組むことができ、ボリューム満点の1冊となっておりました。

私事ながら、幼少期より歴史が大好きで、大学でも史学を専攻し、地歴の教員免許を取得いたしました過去がございますものの、歯が立たない設問が数多くあり、何ともお恥ずかしい限りでした。本保先生による解答例と解説を拝読し、なるほどと感心したり、そうだったなぁと思い出したりする有様でした。受験生・就活生の頃には必死に覚えていた事柄も、社会人となってからは忘れていく一方でしたので、本書は受験生のみならず、社会人の方々が日本史をもう一度学びなおす上でも、重宝する1冊ではないかと感じました。

本保先生が工夫を凝らされた設問ばかりで、皆さまに、いずれをご紹介すべきか悩ましいところではございますが、一例といたしまして、来年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に関連する項目を、少々、取り上げさせていただければと思います。

本書にご興味を持ってくださった皆さま、上記の回答が気になられる方は、ぜひとも店頭で、お手にとってご覧いただけますと幸いです。

https://www.yamakawa.co.jp/product/01208

なお、本保先生は、「歴史学に携わる者として、歴史の奥深さ・素晴らしさに気づくことのできる生徒を増やしたい」といった思いから、下記ブログにて「日本史の考え方」と題する記事を多数ご執筆されておりますので、あわせましてご紹介させていただきます。本保先生の熱い思いが溢れる記事ばかりですので、ぜひ皆さまも、のぞいていただけたらと存じます。

https://ameblo.jp/rekishikyoshi/

本保先生におかれましては、改めまして、出版のお祝いを申し上げます。刊行のお知らせもいただき、誠にありがとうございました。本書で学ばれた方々が、希望の進路を切り開いていかれることを、切に願っております。

(令和3年11月5日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの46登録はこちら