加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

プロフィール

加来 耕三(かく こうぞう)

昭和33年(1958)10月29日、大阪市生まれ。昭和56年(1981)、奈良大学文学部史学科卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)に奈良大学文学部研究員。現在は歴史家・作家として、独自の史観にもとづく著作活動を行う。内外情勢調査会、地方行財政調査会、政経懇話会、中小企業大学校などの講師も務める。

雑誌『歴史研究』編集委員。日本推理作家協会会員。日本ペンクラブ会員。日本武道学会会員。日本人の姿を語り継ぐ会顧問。

この他、テレビ・ラジオなどの番組監修・構成、企画、出演も多数。
現在、不定期ながら出演回数の多いテレビ番組には、『英雄たちの選択』(NHK BSプレミアム)、『先人たちの底力 知恵泉(ちえいず)』(NHK Eテレ)などがある。

これまで関わったテレビ番組としては、『その時歴史が動いた』(NHK)、『アインシュタインの眼』(NHK BSプレミアム)、『世紀のワイドショー! ザ・今夜はヒストリー』『教えてもらう前と後』『サンデーモーニング』(いずれもTBS)、『THE歴史列伝~そして傑作が生まれた~』『ライバルたちの光芒~宿命の対決が歴史を動かした!~』『THEナンバー2~歴史を動かした影の主役たち~』(いずれもBS-TBS)、『とくダネ!』(フジテレビ)、『MBCニューズナウ』の「幕末維新ニュース」(南日本放送)など多数。

現在、レギュラー出演中のラジオ番組としては『加来耕三の「歴史あれこれ」』(全国のAMラジオ局10局)。これまで関わったラジオ番組には、『すっぴん!』の『「裏歴史」をめぐる旅』(NHKラジオ第1放送)、『話題のアンテナ 日本全国8時です』(TBSラジオ)などがある。

主な著書

『歴史の失敗学』(日経BP)、『紙幣の日本史』(KADOKAWA)、『1868 明治が始まった年への旅』(時事通信社)、『幕末維新 まさかの深層』(さくら舎)、『西郷隆盛100の言葉』『龍馬は生きていた』(いずれも潮出版社)、『「南洲翁遺訓」に訊く――西郷隆盛のことば』(河出書房新社)、『坂本龍馬の正体』『刀の日本史』(いずれも講談社)、『利休と戦国武将 十五人の「利休七哲」』(淡交社)、『日本史に学ぶ一流の気くばり』(クロスメディア・パブリッシング)、『日本史は「嫉妬」でほぼ説明がつく』(方丈社)、『明治維新の理念をカタチにした 前島密の構想力』『失敗と成功の日本史』(いずれもつちや書店)、『三国志最強の男 曹操の人望力』(すばる舎)、『歴史に学ぶ自己再生の理論』(論創社)、「コミック版 日本の歴史」 シリーズ・「学習まんが 歴史で感動!」シリーズ(企画・構成・監修/いずれもポプラ社)など多数。

専門分野

歴史組織学を独自に提唱。
歴史心理学、歴史哲学を応用した人物評伝の執筆・研究。時代考証。
著作活動を開始した当初から、歴史的に正しく評価されていない人物・組織の復権をテーマとしている。一度、関心をもったテーマ・歴史上の人物は、繰り返し調査・分析し続けている。
また、「歴史は活用してこそ意義がある」と常に主張しており、講演においては、歴史をいかに具体的に、日常生活やビジネスに活用するかを語っている。モットーは、「歴史に学び、未来を読む」

なお、加来は古流剣術の宗家に生まれ、タイ捨流剣法の免許皆伝。この趣味が高じて、武道(古武道・現代武道)の解説なども行っている。
同じく、趣味が高じての中国古典、オランダものの翻訳・出版も。

備考

●歴史家・作家として社会の現象を幅広く捉え、フィクションとノンフィクションの中間として、「ファクション」を提唱。独自の史観に基づく著作、講演活動を行っている。

●漫画の制作にも参画しており、週刊少年ジャンプ『るろうに剣心』(集英社)のノベライズを書き下ろし、フジテレビ系アニメの原作となる。ノベライズは、中国語版やイタリア語版なども刊行されている。
漫画の評伝としては『漫画のヒーロー』『漫画のヒロイン』『B級漫画』『なつかし漫画王』『雑学・懐しのマンガおもしろ意外史』『サブマリン707パーフェクト・ガイド(共著)』などの作品がある。
(いずれも、別のペンネーム)

●漫画の解説にも頻繁に登場しており、特に巨匠・横山光輝氏の作品に多い。実は加来は、横山氏の大ファン(特に『鉄人28号』)で、月刊誌の対談をさせていただいたり、幾度かオフィスへ遊びに押しかけたりしたこともある。さらには、横山氏にオリジナルの『三国志』キャラクターを描いていただき、加来の著書『三国志裏読み人間学』(実業之日本社)に使用させていただいたことも。横山氏が描いてくださった色紙は、加来の宝物のひとつ。

加来は、横山氏の『伊賀の影丸』『チンギス・ハーン』(いずれも秋田書店)、『戦国獅子伝』(小学館)などの解説も担当。また、『徳川家康』(講談社)には、加来制作の「信長・秀吉・家康」の略年譜が掲載されている。
その他、小池一夫氏・川崎のぼる氏による『ムサシ』(集英社)の解説も担当。また、渡部多恵子氏の名作『風光る』(小学館)の巻末には、「エッセイ 寓話を超越した幕末の世界」を掲載させていただいた。
加えて、高田崇史氏による『QED 龍馬暗殺』(講談社)の解説「三重構造の推理小説」も書かせていただいた。

●かつて加来は、旅行会社の「海外テーマツアー」の講師として、世界を歴訪した経験も。特に、三国志ツアーでは開催ごとに好評を博していた。

●最近は、新たな試みとして新聞連載にも挑戦。平成30年(2018)1月より、福井新聞紙上にて、福井藩士・由利公正の生涯を描いた歴史小説『鸞翔ぶ(らんとぶ)』を執筆(毎週日曜日掲載)。平成31年4月に、第1部完結。

作家生活35周年を迎えた加来耕三の旅路は、まだまだ続く。



メルマガ会員募集中

この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中

加来耕三のメルマガへの20登録はこちら