加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

きらぼしコンサルティング発行の会報誌『KIRABOSHI』で加来の連載がスタート!!

 今年に入りまして、加来の新連載のスタートがつづいておりますが、本日も連載開始のご報告をさせていただきます。

 このたび加来は、きらぼしコンサルティングが発行される会報誌『KIRABOSHI』の2020年7・8月号(第363号)において、連載「経営者、歴史に学ぶ」を、開始させていただきました。

 ……と申しますと、新たなお付き合いがスタートしたのかと思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

 株式会社きらぼしコンサルティング様とは、親会社である「きらぼし銀行」が、その前身の「東京都民銀行」であった時代、株式会社とみん経営研究所と称されていた頃から、加来はずっと連載を持たせていただいてきました。

 そのはじまりは、平成12年(2000)まで遡ります。

 当時、その媒体名も『とみん経営ビジネス21』であったころに、加来は連載をもたせていただき、以来、実に20年、200回以上にわたりまして、毎号、原稿を書かせていただいてきました。

 これは、加来の連載において最長のものであります。きらぼしコンサルティングの皆様には、心より御礼申し上げます。

 今回、会報誌の名前が『きらぼし』から『KIRABOSHI』へと変わるのにあわせて、連載タイトルも「経営者、歴史に学ぶ」と銘打ち、装いも新たにスタートをいたしましたが、長年、継続してきたことを踏まえまして、実は連載回数が第1回ではなく、「第203回」となっております。

 さて、会報誌『KIRABOSHI』は、本号の「編集後記」をみますと、

「本号から会報誌は『KIRABOSHI』となりました! 会員の皆様に役立つ会報誌を目指し、〈中略〉経営のヒントになる会員経営者のお話、(携帯をはじめとした移動体通信の)5GやWithコロナといった〈中略〉話題、〈中略〉我らの地場である東京圏について紹介していきます」

 とあります。企業経営者の方のみならずとも、有益な情報でいっぱいです。

 加来も読者の皆さまに、じっくりと読んでいただけるよう、腕を振るって執筆してまいります。

『KIRABOSHI』の配布先は主に、きらぼしコンサルティングの会員企業の皆さまとなりますが、お目にとまる機会がありましたら、ご覧いただけますと幸いです。

きらぼしコンサルティング

(令和2年7月10日 加来耕三事務所 高井岳)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの35登録はこちら