加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

高知新聞総合印刷『衆生の星 土佐に源氏あり』のご案内です。

加来 耕三 (かく こうぞう)

加来 耕三 (かく こうぞう)

KOUZO KAKU
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も少なくない。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

今月のピックアップ


『鎌倉幕府誕生と中世の真相 歴史の失敗学2――変革期の混沌と光明』
(日経BP)

著:加来耕三
定価:1,800円(税別)

今月のピックアップ

この夏に刊行されました『衆生の星 土佐に源氏あり』(高知新聞総合印刷)につきまして、著者・植木博子さんのご友人でいらっしゃる小林由子(よしこ)さんより、弊社にご寄贈いただきましたので、御礼も兼ねまして、こちらでご紹介させていただきます。

本作は、現在放送中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』にも登場した源頼朝の、同母弟である源希義(まれよし)を主人公とする歴史小説です。平治の乱のあと、頼朝は伊豆に、希義は土佐に配流されていました。この物語は、頼朝の挙兵前後における土佐での源平対立をテーマとし、希義の生きざまを丁寧に描いた作品です。土佐=高知在住でいらっしゃる植木さんの情熱溢れる1冊となっております。

冒頭でご紹介いたしましたご友人の小林さんは、加来が所属しております東京龍馬会の幹事である岡部律子さんと親交があり、今回、弊社に本作をお送りくださったそうです。さらに、令和2年(2020)2月に、上越市にて「前島密没後100年講演会」が開催された際に、加来がパネルディスカッションをご一緒した利根川文男さん(前島記念館館長)と小林さんは、なんと従兄妹にあたるとのこと! 加来は大変驚いておりました。

また、小林さんは、加来のレギュラー番組『偉人・素顔の履歴書』(BS11・毎週土曜20時)をご覧になってくださっているそうで、今回のご寄贈とあわせまして、厚く御礼を申し上げます。ご縁を繋げてくださいました、東京龍馬会幹事・岡部律子さん、前島記念館館長・利根川文男さんにも感謝を申し上げますとともに、植木さんの益々のご活躍を心より祈念しております。皆さま、誠にありがとうございました!

(令和4年11月2日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの64登録はこちら