加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

加来の監修本『橋本左内 時代を先取りした男』(扶桑社)が発売!!

この12月20日、加来が監修をさせていただいた書籍『橋本左内 時代を先取りした男』が、ついに扶桑社から発売となりました!!
本書は本年=平成31年(2019)の3月16日(土)、福井テレビが開局50周年記念、ならびに橋本左内生誕185年として放送した特別番組「橋本左内 時代を先取りした男」をもとに、加来の監修と福井テレビ「橋本左内」取材班による再構成をへて、書籍化されたものです。

【『橋本左内 時代を先取りした男』(福井テレビ編/監修・加来耕三/発行・扶桑社)】

橋本左内は幕末の、越前福井藩出身の人物。
〝名君〟と謳われた16代藩主・松平春嶽(まつだいら・しゅんがく)につかえて、その藩政改革にかかわり、さらに春嶽が主導した将軍継嗣問題においても、当時、〝英邁〟との評判が高かった一橋慶喜(ひとつばし・よしのぶ)(のちの15代将軍・徳川慶喜)を将軍職に押し上げるべく、主君の命をうけ、幕府や朝廷への調停活動を行った人物でした。その行動が、ときの幕府大老・井伊直弼にとがめられ、「安政の大獄」で志半ばにして処刑されてしまうのですが――。
左内の初心と大志は、彼が若干15歳で著した『啓発録(けいはつろく)』に、書き残されています。
『啓発録』は、今でも福井県下に伝えられ、読み継がれているているだけでなく、全国にも敬慕する人が後をたちません。
こうした左内の人物と志、その魅力、彼が幕末日本に成そうとしたことを、改めてとらえ直し、広く世間に伝えるために企画されたのが、特別番組「橋本左内~時代を先取りした男」でした。

同番組では、福井県出身で、NHK大河ドラマ「西郷どん」にて松平春嶽役をつとめられた俳優の津田寛治さんをナビゲーターとして、番組の監修をさせていただいた加来や、福井県出身の作家・宮下奈都(みやした・なつ)さん、松平春嶽の顕彰活動をしている白鷺舎(はくろしゃ)から雀部なぎさ(ささべ・なぎさ)さん・東山成江(ひがしやま・なりえ)さんのお2人、福井市郷土歴史博物館の館長・角鹿尚計(つのが・なおかづ)氏、福井県文書館の副館長・柳沢芙美子(やなぎさわ・ふみこ)氏、東京大学名誉教授・跡見学園女子大学教授の三谷博(みたに・ひろし)氏も出演し、各々の関心や研究分野から、橋本左内の生涯と事績、彼が成したこと、成そうとしたことを、大いに語りました。

本書では、こうした番組の内容を再構成し、さらには幕末と当時の福井をより深く理解するために、知っておきたい基本的なことがら、補足情報などを盛り込み、読み物としてのわかりやすさ、おもしろさを考え、編集がなされています。

もちろん、番組の内容をまとめただけではありません。
番組にも出演された作家・宮下奈都さんと、佐久間象山(左内など当時の志士が師事した軍学者・思想家)をはじめとした幕末の人物を敬愛するAOKIホールディングス代表取締役会長の青木擴憲(あおき・ひろのり)氏による特別寄稿、書き下ろしエッセイも掲載されています。
さらには、左内の生涯を描いた漫画(加来が監修する「コミック版日本の歴史」シリーズ『幕末・維新人物伝 橋本左内』〈原作・東山成江/作画・中島健志〉から抜粋)も収録されており、QRコードを読み込むことによって落語や動画(番組の一部)も視聴できますので、単なる歴史本ではなく、「メディアミックス本」として、くり返し楽しんでいただける内容となっています。

福井テレビ「橋本左内」取材班の皆さまや、その企画に共鳴した加来が、この本をとおして伝えたかったのは、地元では『啓発録』の著者として、日本史としては「安政の大獄」で刑死となった人物として知られている左内が、何を考え、何を成そうとしていたか、その志の高さと、〝先進性〟でした。
ぜひ皆さま、お手にとって知られざる橋本左内の魅力を、感じてみてください。

なお、この書籍刊行と連動し、テレビ番組のほうも年末年始特別番組のひとつして、再放送が予定されております。

【福井テレビ「橋本左内 時代を先取りした男」】(福井テレビ年末年始特別番組の紹介ページ)
令和元年(2019)12月31日(火) 午後2時50分~午後3時50分

さらにさらに、来年1月11日(土)には、全国放送も予定されております。

【BSフジによる番組紹介】
http://www.bsfuji.tv/hashimotosanai/pub/index.html
令和2年(2020)1月11日(土) 午後1時~午後2時

ぜひ、書籍とテレビ番組をあわせて、お楽しみください。

また、令和2年2月2日(日)には、午後2時から福井市内の「ハピリンホール」(JR福井駅前)にて、書籍の出版を記念した講演会も予定されています。
詳細は、追って当ホームページにてお知らせいたしますが、ぜひ講演のほうもご期待ください。

最後になりましたが、番組制作と書籍制作に精魂を傾けられた福井テレビ「橋本左内」取材班の皆さま、扶桑社の編集担当・田中亨氏、共演者、執筆者の皆さまに、深く御礼を申し上げます。

(令和元年12月26日 加来耕三事務所 小沢その恵)



メルマガ会員募集中

この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中

加来耕三のメルマガへの23登録はこちら