加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

【全国】日経ビジネス電子版にて、加来の連載が公開中です!

加来 耕三 (かく こうぞう)

加来 耕三 (かく こうぞう)

KOUZO KAKU
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も少なくない。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

今月のピックアップ


『鎌倉幕府誕生と中世の真相 歴史の失敗学2――変革期の混沌と光明』
(日経BP)

著:加来耕三
定価:1,800円(税別)

今月のピックアップ

加来はこれまでにも、日経BPのホームページ「日経ビジネス」に連載をさせていただいており、この度は新たに、「歴史の英雄に学ぶ成功と失敗の本質」と題した記事を連載させていただいております。以下、ホームページより引用させていただきます。

歴史上の英雄たちは、成功だけでなく数多くの失敗を経験しています。本コラムでは、歴史家・作家の加来耕三氏が、独自の視点で英雄たちの実像に迫り、現代に通じる教訓を浮かび上がらせます。失敗に学ぶ力、成功者が陥りがちな落とし穴、避けられない危機を最小限に食い止める対処法……。英雄たちの人生から、ビジネスパーソンにも役立つ成功と失敗の本質を読み解きます。

第1回「本当は徳川家康と仲が良かった石田三成」、第2回「家康追い詰めた真田幸村 最後の奮戦は死後の評価高めるPR活動?」、第3回「坂本龍馬の伝説はウソだらけ 『幕末に大活躍』は間違いだった」など、以降、順次公開しております。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の登場人物である、源頼朝や義経に関する記事も公開中です。いずれの記事も、数多くの皆さまにお読みいただいていると、本連載ご担当の日経BP・田中淳一郎氏よりうかがい、加来とスタッフ一同、大変嬉しく思っております。

お仕事の合間や通勤時間などに、お気軽にお読みいただける内容となっておりますので、幅広い世代の皆さまにアクセスしていただけたらと願っております。会員登録はご不要で、全文が無料でお読みいただけますので、以下より、ぜひお楽しみくださいませ!

https://business.nikkei.com/atcl/plus/00031/

なお、同連載の内容は、『日経ビジネス』の誌面にも掲載いただいておりますので、こちらもあわせまして、ご覧いただけましたら幸いです。最新の9月5日号には、第4回「秀吉と家康に最も警戒されていた 伊達政宗(前編)」が掲載されております。誰もが知る戦国武将・伊達政宗の、知られざる前半生を丁寧に描いておりますので、ご注目いただけましたらありがたく存じます。

さらに、この度、「日経BOOK PLUS」のサイト内「読む、日経の本ラジオ」のページにて、「失敗しても大胆な発想転換で大成功した渋沢栄一」と題した記事も公開されております。こちらは、昨年に収録させていただいた「日経の本ラジオ」の内容を書き起こした内容であり、下記リンクより、音声でもお楽しみいただけます。

https://bookplus.nikkei.com/atcl/column/040100020/080200022/

これらも全て無料コンテンツとなっておりますので、ご移動の時間などを利用して、ぜひお楽しみいただけたらと存じます。

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの60登録はこちら