加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

【宮城】青葉城資料展示館「伊達政宗公イラスト展」のご案内

加来 耕三 (かく こうぞう)

加来 耕三 (かく こうぞう)

KOUZO KAKU
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も少なくない。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

今月のピックアップ


『鎌倉幕府誕生と中世の真相 歴史の失敗学2――変革期の混沌と光明』
(日経BP)

著:加来耕三
定価:1,800円(税別)

今月のピックアップ

現在、青葉城資料展示館(宮城県仙台市青葉区)にて、震災復興支援企画「伊達政宗公イラスト展」が開催されております。

今年3月に発生した地震により、石垣の崩壊など多大な被害にあった青葉城=仙台城。そのシンボルとも言える伊達政宗公騎馬像も損壊し、来年の春まで、その勇姿を拝むことができなくなってしまいました。

そのため、青葉城を訪れる政宗公ファンの皆さまに少しでも喜んでいただきたい、誘客に結び付く話題性のある復興支援をしたい、といった思いで企画されたのが、今回のイラスト展です。戦国武将のイラストで人気のイラストレーターの方々、プロのイラストレーターを目指す仙台デザイン&テクノロジー専門学校の学生の皆さまなどが制作された、計36点の「伊達政宗公」に特化した企画展となっております。

滋慶学園グループの名誉教育顧問を務めさせていただいております加来としましては、そのひとつである仙台デザイン&テクノロジー専門学校の学生の方々が、こうした素晴らしい企画に参加させていただきましたことを、心より光栄に存じております。

本展を企画から開催まで統括された浜中文夫氏(PLANNINGMARK、企画・制作プロデューサー)は、同校の非常勤講師としてグラフィックデザインをご担当くださっており、本展の開催を弊社にもお知らせくださいました。パンフレットとともに、ご丁寧なおたよりも添えていただきましたこと、心より感謝を申し上げます。誠にありがとうございました。

「伊達政宗公イラスト展」は8月31日(水)まで好評開催中ですので、宮城県にお住まいの皆さま、ご旅行やご帰省を予定されている皆さまにおかれましては、ぜひ、青葉城まで足を運んでみられてはいかがでしょうか。

下記リンクより、展示会場の模様が動画でご覧いただけますので、まずはのぞいていただけたらと存じます。

https://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20220802/6000020374.html

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの60登録はこちら