加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

【全国】コミック版日本の歴史シリーズ『黒田長政』が刊行されます!

加来 耕三 (かく こうぞう)

加来 耕三 (かく こうぞう)

KOUZO KAKU
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も少なくない。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

今月のピックアップ


『鎌倉幕府誕生と中世の真相 歴史の失敗学2――変革期の混沌と光明』
(日経BP)

著:加来耕三
定価:1,800円(税別)

今月のピックアップ

加来が企画・構成・監修を務めるコミック版日本の歴史シリーズ(ポプラ社)より、第83巻『戦国人物伝 黒田長政』が、来たる10月中旬にいよいよ刊行されます!

原作をご担当いただいたのは、以前にこちらでもご紹介させていただきました通り、福井県文化奨励賞を受賞された歴史作家・後藤ひろみ先生であり、作画は、『戦国忍者列伝 風魔小太郎・雑賀孫市・加藤段蔵』『戦国人物伝 小早川秀秋』を手掛けてくださった小林裕和先生です。以下、ポプラ社の作品紹介文を、引用させていただきます。

姫路城主・黒田官兵衛の嫡男として生まれた長政は、幼くして織田信長へ人質として差し出され、羽柴秀吉に預けられる。そこで秀吉の軍師・竹中半兵衛の教えを受け、仲間たちとともに学問や武芸に励んだ。そんなある日、織田家の重臣・荒木村重が信長に反旗を翻す。官兵衛は荒木のもとに説得に向かうが、捕らわれてしまう。戻ってこない官兵衛を裏切ったと判断した信長は、秀吉に長政の処刑を命じる。
豊臣秀吉が頼りにした二人の天才軍師・半兵衛と官兵衛の教えを受け継ぎ、関ヶ原の合戦で徳川家康を勝利に導いた勇将・黒田長政の生涯を描く!

紹介文にもございます通り、稀代の天才軍師として、幅広く知られている黒田官兵衛と竹中半兵衛。その〝二兵衛〟の後継者として加来が考えておりますのが、本書の主人公・黒田長政です。本書では、その生涯をコミックで分かりやすく描いておりますので、お子さまから大人まで、幅広くお楽しみいただけることと存じます。ぜひ、お手に取っていただけましたら幸いです。

https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/7047083.html

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの64登録はこちら