加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

【全国】クラウドファンディングのご案内

加来 耕三 (かく こうぞう)

加来 耕三 (かく こうぞう)

KOUZO KAKU
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も少なくない。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

今月のピックアップ


『鎌倉幕府誕生と中世の真相 歴史の失敗学2――変革期の混沌と光明』
(日経BP)

著:加来耕三
定価:1,800円(税別)

今月のピックアップ

現在、加来が応援しておりますクラウドファンディングをご紹介させていただきます。

【三柱神社 第二弾|唯一火災を免れた、立花宗茂を祀る本殿を改修したい】

*****

水路がまち全体に広がり、舟が行き交う水の都、福岡県柳川市。
そんな柳川市の玄関口に、三柱神社(みはしらじんじゃ)はあります。

当社は、藩祖の立花宗茂公とその岳父の戸次道雪公、宗茂正室 誾千代姫を祀る神社です。
立花家は江戸時代を通じて柳川の地を治めていた大名家であり、中でも初代藩主の宗茂公は、あの豊臣秀吉をして「九州の一物」と言わしめた大名です。

現在では敷地全体が「国指定名勝」という、国の文化財に指定されている三柱神社ですが、平成17年(2005年)に火災に見舞われ、神社の拝殿、唐門、廻廊、楼門が全焼し、歴史的価値のある建物が大きな被害を受けました。

その後、私たちは一歩ずつ、再建に向けて歩みを進めてまいりました。拝殿を再建し、そして一昨年には大切な御神輿を初めてのクラウドファンディングにより生まれ変わらせることができました。

私たちはこの度、火災に見舞われながらも唯一奇跡的に残った「本殿」の修復工事のために、2回目のクラウドファンディングに挑戦します。

神様の住まいである大切な本殿。100年後もこの奇跡的に残った本殿を受け継いでいくためには、必ず必要な修復工事ですが、どうしても私たちの力だけでは十分な修復を行うことが叶いません。

悠久の時を経て守り受け継がれてきた、大切な心のよりどころである三柱神社を未来に継承していくために、あたたかいご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。(以上、下記webサイトより引用)

https://readyfor.jp/projects/mihashirajinjya2023

*****

加来は、三柱神社宮司・立花誠太郎氏よりご依頼をいただき、応援メッセージを寄せさせていただいております。全国の皆さまの温かいご支援を、どうかよろしくお願いいたします。

【「自動消火装置」を普及させて世界中の火災をなくしたい】

*****

今年は関東大震災から100年の年です。実に10万人以上が犠牲となり、9割以上の方が火災が原因です。そこから先人は火災の無い社会を目指していただいたおかげで、現代の私たちの暮らしがあると思います。先人に感謝を。「自動消火装置」を世界中に普及させて、次世代に火災のない社会をつくりたい。(以上、下記webサイトより引用)

https://camp-fire.jp/projects/684450/preview?token=tr177a91&utm_campaign=cp_po_share_c_msg_projects_preview

*****

こちらのプロジェクトは、消防設備士・山口英治氏より、加来宛に応援のご依頼をいただきましたものです。山口氏は、電子書籍の出版もされたとのことで、あわせてご紹介させていただきます。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000126889.html

山口氏への温かいご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの81登録はこちら