加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

「日刊スポーツ」で加来が自民党総裁選についてコメントさせていただきました!!

 安倍晋三首相の辞意を受けての自由民主党の総裁選が、9月14日(月)に迫ってまいりました。
 立候補者は菅義偉(すが・よしひで)内閣官房長官、岸田文雄(きしだ・ふみお)党政調会長、石破茂(いしば・しげる)元・党幹事長の3人。
 巷では、さまざまな予想がなされているようですが、加来も9月11日(金)付の「日刊スポーツ」にて、この総裁選を戦国史になぞらえて、とコメントを求められ、返答させていただいております。

 加来は、〝本能寺の変〟における織田信長の横死を受けての、羽柴(のち豊臣)秀吉の〝中国大返し〟から山崎の大合戦、その後の織田家の後継者を選ぶ清洲(清須)会議までを例えに返答いたしました。
 ニュース・報道等によれば、安倍首相が辞意を表明した8月28日(月)に、新潟入りし、東京にいなかった岸田政調会長を、戦国の世では、山崎の合戦と清洲会議に間に合わなかった織田家の宿老・滝川一益(たきがわ・かずます)になぞらえているようですが、加来はこれを受けて……。
 記事によりますと、巷では岸田氏と、NHK大河ドラマ「秀吉」「真田丸」の2作で滝川一益を演じた俳優・段田安則(だんた・やすのり)さんの顔が、似ているのではないか――ということから連想して、岸田氏≒段田安則さん≒滝川一益、さらには織田家継承者決定争いにおける滝川一益の行動……これらを繋ぎ合わせて、「岸田氏は滝川一益だ!」と囃し立てる人も多いようです。
 ですが、加来はあくまでも歴史の合わせ鏡でお答えしました。

 仮に岸田氏が滝川一益ならば、菅官房長官と、石破元幹事長は、誰になぞらえることこができるのか――。
 ここからは、ぜひ「日刊スポーツ」本紙を楽しみに、ご覧ください。

【日刊スポーツ】

(令和2年9月11日 加来耕三事務所 高井岳)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの36登録はこちら