加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

鹿児島にて、加来が講演を行ってまいりました!!

 去る平成30年(2018)10月13日(土)・14日(日)に、鹿児島市にて国際ロータリー第2730地区の2018-2019年度地区大会「語ろう ロータリー 維新の心」が開催されました。加来は、初日に鹿児島市民文化ホールで行われました催しに参加させていただき、「維新の底力! そして未来へ」という演題で講演をさせていただきました。

 ロータリーは、明治38年(1905)にシカゴで創設され、110年以上の間、社会奉仕活動や人道的活動に取り組んできた組織です。平和の推進・疾病との闘い・水と衛生・母子の健康・教育の支援・地元経済の成長という6つの重点分野に沿って世界各地で活動しており、この度は、第2730地区の地区大会が鹿児島市にて実施されました。
 加来は現在、南日本放送(鹿児島県)の『MBCニューズナウ』内で「幕末維新ニュース」の監修・出演をさせていただいており、本年の明治維新150周年に際して、薩摩藩、西郷隆盛、大久保利通などに関連する書籍を、多数刊行させていだだいていることもあって、今回、講師としてお招きにあずかり、大変嬉しく思いました次第です。

 なお、会場で頂戴したプログラムに加来のプロフィールを載せていただいており、また、10月11日(木)付の南日本新聞では、加来の講演のご案内を掲載していただいておりましたので、あわせてご紹介させていただきます。

 国際ロータリーの皆さま、当日お越しくださいました数多くの皆さまに、心より感謝を申し上げます。誠にありがとうございました!

(平成30年10月24日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)