加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

加来が「ニッシンイクス文化講演会」にて講演をいたします!!

加来 耕三 (かく こうぞう)

加来 耕三 (かく こうぞう)

KOUZO KAKU
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も少なくない。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

今月のピックアップ


『鎌倉幕府誕生と中世の真相 歴史の失敗学2――変革期の混沌と光明』
(日経BP)

著:加来耕三
定価:1,800円(税別)

今月のピックアップ

 来たる平成30年(2018)10月28日(日)に、山口県周南市のホテルサンルート徳山にて、「ニッシンイクス文化講演会」が開催されます。ありがたいことに、加来もお招きいただき、14時より2時間にわたり、『維新150年によせて「毛利敬親(たかちか)と明治維新」』と題して、講演をさせていただきます。
 「毛利敬親」は長州藩の第13代藩主であり、有能な家臣を登用して活躍させ、藩を豊かにすることによって、長州を幕末の雄藩に引きあげるきっかけを作った人物です。「そうせい侯」と異名をとり(家臣の意見に対して、常に「そうせい」と返答していたとされるため)、一般には、いささか頼りない殿様のように言われておりますが、加来はそうではなく、なかなかの名君・賢君であった、と評価いたしております。本年は、明治維新150周年を迎えますので、この人物を軸として幕末維新期全体を振り返ってまいります。

 なお、株式会社ニッシンイクスは、各種無垢フローリング材・ウッドデッキ材・漆喰等の輸入販売およびその他の住宅用建材の販売、インターネット販売などを行なっている企業であり、地元の方々への感謝を込め、毎年10月末に、文化講演会を開いておられます。加来はここ数年、講師として連続してお招きにあずかっており、本人も内心、心待ちにしているようでもあります。

 ご関係者の皆さま、文化講演会にお越しくださる皆さま、本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。多くの方にお目にかかれますことを、加来は心待ちにいたしております。

【株式会社ニッシンイクス 公式ホームページ】

(平成30年10月12日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの64登録はこちら