加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

福井新聞政経懇話会にて、講演を行ってまいりました!!

去る平成30年9月26日(水)、福井新聞社・風の森ホールにて、福井新聞政経懇話会第414回9月例会が開催され、加来が講演をさせていただきました。

 加来は、共同通信社が事務局をされている、政経懇話会の講師をすでに30年以上、務めさせていただいておりますが、福井新聞政経懇話会には特別な思いがあったようです。なにしろ、本年1月から加来は、福井新聞紙上にて、福井藩士・由利公正(前名・三岡石五郎)を主人公とした歴史小説『鸞翔ぶ』を連載させていただいております。評伝を中心とした加来の著作活動の中で、小説の形をとった執筆は久しぶりであり、新聞連載としては、10年以上前の『夕刊フジ』での連載(のちに『非常の才―細川重賢藩政再建の知略』として講談社より刊行)以来ではないかと思います。
 加来は常日頃、評伝の調査・分析の難しさに比べ、よく調べもしない、うそばかりの歴史小説は書くのが楽だ、という暴言を述べているだけに、今回の『鸞翔ぶ』には神経を使っているようです。楽だと申すわりには、普段の執筆の3倍は時間をかけております。
 それだけに、加来はこの度の福井新聞政経懇話会にお招きいただき、いつも以上に話に熱が入ったようです。

 加来は、「未来は過去と現在をつなぐ線上にしか存在しない。未来は過去の中にある」と述べ、歴史を学んで未来に活かすこと、特に、結果だけでなくプロセスを学ぶ必要があることを、具体的に話させていただきました。
 また、本年が明治維新150周年であることに絡めて、明治維新の始まりはペリー来航ではなく、アヘン戦争であるということにも触れました。清国がイギリスに敗れたのは封建制を取っていたからであり、日本も同様の幕藩体制であることに危機感を覚え、国をひとつにしようとする思想が生まれた流れをお話し、その命題に向かった人物として、NHK大河ドラマ「西郷どん」の主人公である西郷隆盛や、その主君であった島津斉彬についても言及いたしました。
 福井に関する話題としましては、幕末の越前福井藩が企てた「挙藩上洛計画」を挙げ、福井という土地は保守的でバランス重視であるがゆえに、この計画が頓挫してしまった、という加来独自の見解を述べさせていただきました。もし実現していたら、薩長ではなく越薩同盟ができ、福井がイニシアチブを握って明治維新を行い、世の中は変わっていただろう、ともお話させていただきました。

 当日の様子は、9月27日(木)付の福井新聞でも紹介してくださっております。
お招きくださった福井新聞社の皆様、政経懇話会にお越しくださった多くの方々に、心より感謝を申し上げます。

(平成30年10月14日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの36登録はこちら