加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

福井新聞社発行『月刊fu』のご紹介です!!

加来 耕三 (かく こうぞう)

加来 耕三 (かく こうぞう)

KOUZO KAKU
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も少なくない。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

今月のピックアップ


『鎌倉幕府誕生と中世の真相 歴史の失敗学2――変革期の混沌と光明』
(日経BP)

著:加来耕三
定価:1,800円(税別)

今月のピックアップ

 こちらのコーナーでも、度々ご案内させていただいておりますが、加来は本年の1月より、「福井新聞」にて、越前福井藩出身の由利公正(三岡石五郎)を主人公とした歴史小説『鸞(らん)翔(と)ぶ』を毎週日曜日に連載させていただいております。
 編集をご担当いただいているのは、福井新聞社編集局文化生活部長の泉志穂さんです。

 先日、福井新聞政経懇話会9月例会に、加来が講師としてお招きいただきましたおり、事務局の斎藤正幸さんよりいただいたのが、福井新聞社が発行する『月刊fu』でした。こちらは福井の生活情報誌であり、食・美容・ファッション・文化・住まい・観光など、様々なジャンルの情報が掲載されております。各ページとも情報量が豊富で、紙面構成も工夫されており、めくっているだけで楽しくなってしまいます。

 特に加来は、10月号の「ごはん、ですよ。」――お米の特集は、目を皿のようにして拝読しておりました。結果、新米「いちほまれ」を注文すると申しておりました。『月刊fu』は、9月号の「中華は夏のおわりに。」もそうでしたが、読み応えのある、非常に良くできた雑誌です。いただきました斎藤さま、誠にありがとうございました!

 なお、『月刊fu』の内容は、下記ホームページからもご覧いただけますので、福井ご在住の皆さま、福井へのご旅行を予定されている皆さまにおかれましては、ぜひのぞいてみられ、ご購読されてはいかがでしょうか。

【福井新聞ONLINE】

(平成30年10月1日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの64登録はこちら