加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

脚本家・山本むつみさん 最新ドラマのご紹介です!!

加来 耕三 (かく こうぞう)

加来 耕三 (かく こうぞう)

KOUZO KAKU
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も少なくない。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

今月のピックアップ


『鎌倉幕府誕生と中世の真相 歴史の失敗学2――変革期の混沌と光明』
(日経BP)

著:加来耕三
定価:1,800円(税別)

今月のピックアップ

 以前、こちらのコーナーでもご案内させていただきました通り、去る平成30年(2018)7月14日(土)・15日(日)に、福島県白河市の白河文化交流館にて、白河戊辰150周年記念事業『甦る「仁」のこころ』が開催されました。

 加来は2日目にお招きいただき、「明治維新まさかの深層」という演題で講演をさせていただくとともに、「明治維新と戊辰戦争」と題したパネルディスカッションにも参加させていただきました。その際に、パネリストとしてご一緒させていただいたのが、脚本家の山本むつみさんです。国民的大ヒットとなった「ゲゲゲの女房」(NHK連続テレビ小説)、「八重の桜」(NHK大河ドラマ)、「コウノドリ」(TBS連続ドラマ)などの脚本を手掛けられたほか、大人気ドラマシリーズ「相棒」や「遺留捜査」(ともにテレビ朝日)の脚本も回によってご担当されるなど、数々のヒット作を生み出してこられた方です。そのような山本むつみさんから加来に、この度、最新ドラマの情報をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

【NHK BSプレミアム 時代劇「小吉の女房」】
山本むつみさんのオリジナル脚本でお届けする、英雄・勝海舟を育てた型破りな夫婦の物語!
貧乏旗本・勝家の女房で、天真爛漫な妻・お信(のぶ)を演じるのは、沢口靖子さん。
生来の無鉄砲で、腕はめっぽう強い夫・勝小吉(こきち)を演じるのは、古田新太さん。
明るく笑えて、ときにほろ苦い。斬新なホームドラマ時代劇です。
(放送予定:2019年1月11日(金)20:00~ 毎週金曜放送 連続8回)

【テレビ東京 スペシャルドラマ「Aではない君と」】
「第37回吉川英治文学新人賞」を受賞した薬丸岳の同名小説をテレビドラマ化!
ひとり息子の翼が起こした死体遺棄事件により、翻弄されていく会社員・吉永圭一役に、佐藤浩市さん。何も語ろうとしない翼を担当する弁護士・神崎京子役に、天海祐希さん。
少年犯罪の加害者家族を描いた、感動のヒューマンサスペンスドラマです。
(放送予定:2018年秋 2時間枠)

どちらの作品も、放送が待ち遠しいですね!皆さま、ぜひご高覧いただけますと幸いです。

山本むつみさん、この度は、加来がパネルディスカッションにてご一緒させていただくとともに、最新作のご紹介もいただきまして、誠にありがとうございました!

(平成30年8月24日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの64登録はこちら