加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

鹿児島にて「加来耕三の歴史の勉強会」が開催されました!

加来 耕三 (かく こうぞう)

加来 耕三 (かく こうぞう)

KOUZO KAKU
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も少なくない。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

今月のピックアップ


『鎌倉幕府誕生と中世の真相 歴史の失敗学2――変革期の混沌と光明』
(日経BP)

著:加来耕三
定価:1,800円(税別)

今月のピックアップ

 去る平成30年(2018)8月4日(土)、鹿児島市のMBCメディアホールにて、「加来耕三の歴史の勉強会」が開催され、加来が講演やクイズ大会を行ってまいりました。こちらの催しは、明治維新150周年を記念し、幕末から明治にかけての歴史について、親子で楽しく学んでもらおうと、鹿児島銀行と南日本放送(MBC)によって開かれたものです。

 加来はまず導入として、「歴史っておもしろい?」と題した特別講演をさせていただき、その後、今回のメインイベントである「西郷さんクイズ大会」を実施しました。
 出題したのは、「西郷さんの大好物は、次のうちどれ?」「西郷さんの若いころからの友だちで、のちに、西南戦争で対決することになったのは、次のうちだれ?」「西郷さんが、もっとも大切にしていた言葉は、次のうちどれ?」といったような、鹿児島の英傑・西郷隆盛に関する三択クイズです。クイズを楽しんだり、加来のヒントや解説を聞いたりしながら、お子さまたちが少しでも歴史や明治維新に興味を持ってくれるよう、加来が熟考した10問であり、西郷の身長や好物にまつわるクイズから、歴史の教科書に出てくる出来事に至るまで、話題は多岐にわたりました。会場には、歴史好きのお子さまがたくさん来場されており、全問正解の方も数多くいらっしゃったそうです。
 その後、休憩を挟んで、質問コーナーへと移り、会場のお子さまたちから寄せられた質問に、加来がひとつひとつ答えさせていただきました。
 最後には、全員集合の写真撮影や加来のサイン会なども行われ、約2時間にわたる「加来耕三の歴史の勉強会」は、盛況のうちに終了いたしました。

 お越しくださったお子さまたちは、加来の話に熱心に耳を傾けたり、メモを取ったりと、非常に積極的に参加してくださり、加来は大変喜んでおりました。また、加来が「日本で最初に、写真を撮った人を知っていますか?」と問いかけた際に、「島津斉彬!!」と即答したお子さまも複数おられたそうで、あまりの詳しさに驚いた、と加来が申しておりました。
 一方、歴史にあまり興味を持っていなかったお子さまもご参加くださったようで、終了後のインタビューで、今回の勉強会は歴史に興味を持つきっかけになった、と語るお子さまも見受けられ、こうした感想についても加来は大変嬉しく思ったそうです。

 お招きいただきました鹿児島銀行ならびに南日本放送の皆さま、司会を務めてくださったMBCタレントの財津三奈さん、ご来場くださいました多くのお子さまと保護者の方々に、心より感謝を申し上げます。ありがとうございました!

(平成30年8月13日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの64登録はこちら