加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

福井県の越前町立図書館にて、「幕末明治マンガフェア」開催中です!!

 このコーナーでも何度かご紹介させていただいておりますように、現在、福井県では「幕末明治福井150年博」が開催されております。
 こちらの一環といたしまして、越前町立図書館では「幕末明治マンガフェア」を実施しており、中でも、歴史資料館と併設されている織田分館では、幕末明治期をテーマとした2000冊以上の歴史系マンガが展示されているそうです。さらに、様々なイベントも予定されており、そのひとつとして、去る7月21日(土)に、後藤ひろみさんによる、「歴史マンガの作り方」と題した講演が行われました。

 後藤さんは、ご自身で原作を担当された歴史マンガを例に挙げ、どのように作られていくのかを、おもしろく分かりやすくお話されたそうです。普段は、目にすることのできない「ネーム」(コマ割り・構図・セリフ・キャラクターの配置などを大まかに記した設計図のようなもの)も披露し、小学生の皆さんが興味深そうに眺めていたようです。

 後藤さんは、福井高専ご卒業後、東洋紡(大阪)へ入社し、赤外線を使った有機物の構造解析に従事されました。また、料理の達人でもあり、現在は、福井市のベーカリーカフェや県立歴史博物館内のカフェなども経営。その一方、福井の歴史にも精通しておられる後藤さんは「ふくい歴女の会」の会長も務めておられます。

 余談ではありますが、上記の講演で後藤さんが取り上げた歴史マンガというのが、実は、加来が企画・構成・監修いたしました、コミック版日本の歴史60巻『幕末・維新人物伝 松平春嶽』と、64巻『幕末・維新人物伝 篤姫』なのです! 歴史をこよなく愛する後藤さんの情熱がつまった2冊ですので、ぜひ、お手に取ってお読みいただけますと幸いです。
 ちなみに、この秋刊行予定の『戦国人物伝 大谷吉継』の原作も、後藤さんにご担当いただいておりますので、乞うご期待くださいませ!

 なお、越前町立図書館の「幕末明治マンガフェア」は、平成31年(2019)2月28日(木)
まで開催されており、歴史系マンガ2000冊の展示は、本年12月2日(日)まで実施されておりますので、ご興味をお持ちの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

(平成30年7月27日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの36登録はこちら