加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

兵庫県加古川市にて、加来が講演を行ってまいりました!!

 去る平成30年(2018)12月2日(日)に、兵庫県加古川市のいなみ野学園にて、加来が特別公開講座をさせていただきました。

 兵庫県いなみ野学園は、高齢者の生涯学習の一環として、高齢者に学習機会を提供するため、昭和44年(1969)に全国に先駆けて開設された高齢者大学です。現在、4年制の大学講座及び2年制の大学院が開設され、1300名以上の学生さんが熱心に学習されています。
 なお、「いなみ野」という名称は、いなみ野学園の所在する播州平野の一部を指す呼び名だそうで、古くは、万葉集にもうたわれています。

 この度、いなみ野学園は、兵庫県政150周年を記念して、学生のみならず、県内在住あるいは勤務されている方なら、誰でも無料で参加できる特別公開講座を企画されました。講座案内のチラシに、クイズ形式で書かれておりましたが、明治元年(1868)より2年間、兵庫県の初代知事を務めたのは、のちに、初代内閣総理大臣にもなった伊藤博文でした。知事就任当時、まだ28歳だったなんて驚きですよね。

 本特別講座の講師として、ありがたいことに加来がお招きにあずかりまして、明治維新150周年を絡めながら、歴史の学び方について、「新たな歴史の転換点~兵庫の明治維新と今~」と題して講演をさせていただきました。

 お招きいただきました兵庫県いなみ野学園の皆さま、加来の講演をご視聴くださった多くの方々に、心より感謝を申し上げます。誠にありがとうございました!


                (平成30年12月6日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)