加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

加来が山口県主催のトークセッションに行ってまいりました!!

 去る令和元年11月2日(土)、山口市の「山口県セミナーパーク講堂」にて、「第3回 新たな時代の人づくりトークセッション」が開催され、加来が出講・出演させていただきました。
 山口県の主催になるこのイベントは、山口県知事の村岡嗣政氏が有識者を招いて、さまざまなテーマで、活発に意見を交わすトークセッションを中心としたものです。
 第1回は今年6月に、「これからの時代に必要な資質や能力・学びの在り方」をテーマとして行われ、8月開催の第2回は2部構成で「「課題発見・課題解決能力を育むコミュニティ・スクール」「これからの時代に必要なキャリア教育」をテーマとして開催されました。
 そして加来が参加させ戴いた第3回のテーマは、「歴史に学ぶ山口県の人づくり」。
 当日は、村岡知事による開会のあいさつに始まり、まず加来が、基調講演を行わせていただきました。
 つづいてのトークセッションは、村岡知事に加え、株式会社ゼロワンブースター代表取締役CEOの鈴木規文(すずき・のりふみ)氏、萩博物館総括学芸員の道迫真吾(どうさこ・しんご)氏、そして加来の3人が参加して行われました。
 トークの主旨は、「変化が激しく将来の予測が困難な時代を生きる私たちは、歴史から何を学び、これからの人づくりにどう活かしていくべきか」というもので、まさに日ごろ、加来が歴史学の役割として、強調して来たことがらです。
 加来は山口県――古くは長門・周防の2国ゆかりの人物(たとえば、吉田松陰)を引き合いに出しながら、これからの山口が、そして日本が、人材育成にどう歴史を活かしていくか、について大いに語らせていただいたようです。
 山口県は、加来がテレビ出演や講演で、伺わせていただくことの多いところですが、このたびも得るものの多いイベントであったようです。
 関係者の皆様、出演の皆様、よい機会をいただき、まことにありがとうございました。

歴史に学ぶ山口県の人づくり

      (令和元年11月5日 加来耕三事務所 小沢その恵)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの36登録はこちら