加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

加来が福山市でロータリークラブの講演に行ってまいりました!!

加来 耕三 (かく こうぞう)

加来 耕三 (かく こうぞう)

KOUZO KAKU
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も少なくない。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

今月のピックアップ


『鎌倉幕府誕生と中世の真相 歴史の失敗学2――変革期の混沌と光明』
(日経BP)

著:加来耕三
定価:1,800円(税別)

今月のピックアップ

 去る令和元年10月27日(日)、広島県福山市の「福山ニューキャッスルホテル」にて、加来が「2019-2020 国際ロータリー第2710地区・地区大会in福山」の記念講演を行わせていただきました。
 この地区大会は、本年10月25日(金)・26日(土)・27日(日)の3日間にわたって、福山ロータリークラブをホストクラブとして、開催されたものです。
 国際ロータリー第2710地区は中国地方西部をエリアとしており、加来はご当地・福山ゆかりの人物であり、幕末に外交交渉や幕政改革のために尽力した阿部正弘、あるいは広島ゆかりの戦国武将・福島正則などの人物にふれながら、歴史をいかにして、実際の生活に、人生に活かしていくかをのべさせていただきました。
 福山は、山陽新幹線が福山城の曲輪内をとおる歴史の深い街で、加来はその空気をいっぱいに吸って、地域の方々との交流も深めることができたようです。
 福山ロータリークラブをはじめとした国際ロータリー第2710地区の皆さま、お招きくださり誠にありがとうございました。

福山ロータリークラブ,加来耕三講演

      (令和元年10月29日 加来耕三事務所 小沢その恵)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの64登録はこちら