加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

細川家の家紋である「九曜紋」の展示が永青文庫にてはじまります

日頃より加来が親交をいただいております 細川 護熙氏は、旧肥後熊本藩細川家の第18代当主にあたられます。その熊本藩主家であった細川家の家紋・九曜紋は、9つの星(太陽、月、火、水、木、金、土の五惑星、日月食や彗星に関係するとされる羅睺星・計都星)を表すといわれています。星の信仰に由来し、古くから加護を願って車や衣服にあしらわれ、やがて家紋として広く用いられるようになったそうです。

今回の展示では、細川家2代目忠興(ただおき)が、織田信長より拝領したと伝えられる九曜紋を施した武器武具から、調度品、染織品、掛け軸の表装など様々な作品が展示され、永青文庫初となる「家紋」をテーマとした展示となります。

細川家に古くから伝わり、大変歴史ある家紋「九曜紋」をこのページをご覧いただいている皆様にもぜひ、この機会にみていただければと存じます。

細川コレクション 永青文庫

住所 : 東京都文京区目白台1-1-1

開催期間 : 2024年7月27日(土)~9月23日(月・振休)

開館時間 : 10時~16時30分(入館は16時まで)

休館日 : 毎週月曜日(8/12・9/16,23は開館し、8/13・9/17は休館)

入館料 : 一般1000円 / シニア(70歳以上) 800円 / 大学・高校生500円

※中学生以下、障碍者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ