加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

『終活読本 ソナエ』で加来の新連載がスタート!!

 加来はこのところ、季刊誌や月刊誌、週刊誌などに新連載を次々といただいておりますが、また、新しい連載が始まりましたことを、ここに、ご報告させていただきます。
 季刊の『終活読本 ソナエ』(産経新聞出版)の2020年夏号から、「両雄の晩年」と題しての、加来の新連載がスタートいたしました。

『終活読本 ソナエ』は、「いつか迎える「その時」。人生を美しく仕上げるための終活専門の季刊誌」。
 同誌の媒体概要によりますと、
「人生を自分らしく仕上げるために季刊誌『終活読本 ソナエ』は誕生しました。高齢化社会となった日本は、今後20年間に最期を迎える方が増え続けます。単身や核家族世帯の増加を背景に、葬儀や墓などの光景は様変わりしつつあります。相続も「長男に」という時代ではありません。「死」をタブーにすることなく直視し、明るく生きるための情報を提供します」
 とあります。

 加来の新連載「両雄の晩年」では、毎回、歴史上の関連ある人物二人を取り上げて、各々の人生と、彼らが晩年をどう送り、人生をどのように締めくくったかを考察し、その違い、意義を考えていきたいと考えております。
 初回に取り上げたのは、生涯のライバルともいえた勝海舟と福沢諭吉です。
 皆さま、ぜひ書店等でお手にとってご覧ください。

【終活読本 ソナエ】

(令和2年7月18日 加来耕三事務所 高井岳)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの34登録はこちら