加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

中公新書ラクレ『立花宗茂 戦国「最強」の武将』が間もなく刊行!!

 加来が〝戦国最強〟と信じる、立花宗茂について語るようになってから、何年が経ったでしょうか。
 ポプラ社の「コミック版日本の日本の歴史シリーズ」(第68巻)では『戦国人物伝 立花宗茂』(第68巻)を刊行すると同時に、大好評をいただき、柳川市と隣接するみやま市では、各学校の図書館に収蔵されています。

 さらには、RKB毎日放送でレギュラー出演させていただき、大いに立花宗茂について語らせていただいた「加来耕三が柳川で大河ドラマをつくってみた」は、様々な方のお力添えを得て、その「超拡大! 放送尺22倍SP」は第57回ギャラクシー賞ラジオ部門で、栄えある優秀賞を賜りました。この10月からは、「シーズン2」と題して、引きつづき立花宗茂の事績とその意義、魅力を、さまざまなかたちで(緊急事態宣言の狭間で、ゆかりの地へのロケも鋭意敢行!!)、語らせていただいております。
 ラジオ放送は毎週金曜日、昼の12時20分~12時35分。

 そうした成果がついに、1冊の本となってまとまり、完成いたしました。
 中公新書ラクレに収めれることとなった新刊『立花宗茂 戦国「最強」の武将』(中央公論新社刊)です!!

 来年(令和3年〈2021〉)1月7日(木)前後には、書店の店頭に並んでいると思われます本書は、出版社である中央公論新社の紹介文によりますと、

 九州を舞台に活躍した戦国武将、立花宗茂。優れた指揮能力を備え、武術の達人だった宗茂は、島津征伐や朝鮮出兵など、激戦を重ねて生涯無敗。「立花の三千は他家の一万に匹敵」と言われ、秀吉も「日本無双」と絶賛した。関ヶ原の戦い後に一度は牢人の身になるも、徳川家に取り立てられると、大坂夏の陣などで活躍。再び大名としての地位を与えられ、ついには旧領復帰を果たす。関ヶ原の戦いで改易された大名で、旧領に大名として復帰できたのは宗茂ただ一人という、波瀾過ぎる人生から圧倒的な人気を誇り、地元福岡県柳川市では「大河ドラマ化招致応援委員会」が立ち上がっている。今回そのドラマティックな生涯を、柳川観光大使を務める歴史家・加来耕三氏が独自の視点で描き出す。混沌たる今こそ、日本史最強武将の生涯に学べ!

 とあります。

 文字通り、実戦では負け知らずであった立花宗茂は、関ヶ原の戦いでも大津城を陥落させるなど活躍しながら、彼の属した西軍が関ヶ原本戦に敗れたために、領地の柳河(現・福岡県柳川市)を失います。
 しかし彼は20年を経過して、再び柳河藩主に返り咲き、捲土重来を成し遂げるのです。
 こうした宗茂の負けない、へこたれない、前向きな精神は、コロナ禍のため先行きがみえない今の日本人に、大きな活力を与えてくれるものではないでしょうか。

 皆さま、ぜひ書店で、お手にとって、ご覧ください。

【立花宗茂 戦国「最強」の武将】

(令和2年12月25日 加来耕三事務所 髙井岳)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの43登録はこちら