加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

蒲生氏郷

Tagged
加来 耕三 (かく こうぞう)

加来 耕三 (かく こうぞう)

KOUZO KAKU
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も少なくない。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

今月のピックアップ


『鎌倉幕府誕生と中世の真相 歴史の失敗学2――変革期の混沌と光明』
(日経BP)

著:加来耕三
定価:1,800円(税別)

今月のピックアップ
夕刊三重20191109付1面,水谷俊樹
出演・掲載
 11月上旬に刊行となった、加来が企画・構成・監修を手がけるコミック版日本の歴史シリーズ72巻『戦国人物伝 蒲生氏郷』(原作・水谷俊樹氏/作画・中島健志氏)ですが、おかげさまで売れ行きも好調、上々の滑り出しとなっております。  そして先日、...
新潟日報 社説
出演・掲載
 去る平成31年(2019)3月8日(金)付の新潟日報におきまして、ありがたいことに、加来のコメントを掲載していただきました。  新潟日報では、「社説」の中に「座標軸」というコラムがございまして、この度は「広域観光連携」がテーマとなっており...

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの60登録はこちら