加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

山形にて加来が講演を行ってまいりました!

, …
加来 耕三 (かく こうぞう)

加来 耕三 (かく こうぞう)

KOUZO KAKU
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も少なくない。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

今月のピックアップ


『鎌倉幕府誕生と中世の真相 歴史の失敗学2――変革期の混沌と光明』
(日経BP)

著:加来耕三
定価:1,800円(税別)

今月のピックアップ

去る9月9日(金)に山形にて、「戦国武将に学ぶリーダーの条件」と題する講演会を実施させていただいたのですが、その際に、旧知の佐藤元彦氏と、加来は久しぶりの再会を果たすことができました。

「東北を世界へ」をモットーとする民間非営利国際経済団体・東北和僑会(わきょうかい)の理事長を務めておられる佐藤氏。およそ30年前に、山形県立図書館で開催された上杉鷹山シンポジウムにて、加来が「いま、なぜ上杉鷹山なのか」と題する基調講演をさせていただいたことをきっかけにご縁をいただき、12年前には『明治大学を創った三人の男』の執筆依頼を佐藤氏より頂戴し、時事通信社から出版させていただいたという思い出もございます。

そのため、今回、佐藤氏のお懐かしいお顔を拝ませていただくことができ、加来は甚く喜んでおりました。佐藤氏よりお送りいただきましたお写真と、山形新聞の記事をご紹介させていただきながら、改めましてこの度の御礼を申し上げます。誠にありがとうございました。またいずれお目にかかれますことを、加来は心より願っております。

(令和4年10月7日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの64登録はこちら