加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

『現代ビジネス』で加来が、「赤穂浪士」にまつわる記事を寄稿させていただきました!!

突然ですが、問題です。
 元禄15年(1702)といえば、赤穂浪士討ち入りの年ですね。
 では、浪士たちが江戸本所松坂町の吉良邸に討ち入って、吉良上野介義央(きらこうずけのすけ・よしひさ)の首をとったのは、何月何日だったでしょうか?

 ……多くの人は、12月14日と答えるでしょう。
 ところが、答えはそう単純でもないのです。

 実は、大石内蔵助を筆頭にした赤穂浪士が吉良邸に入ったのは寅の上刻(七ツ時、午前4時ごろ)。
 現在の感覚では12月15日の未明ということになりますが、当時の庶民のあいだでは、夜明け=明六ツ(冬の午前6時ごろ)が1日の始まりであり、それ以前の真夜中や未明は、まだ12月14日の範疇でした。
 そうしたことから、現在では「討ち入りの日」が毎年12月14日(新暦)、吉良上野介が亡くなったのが12月15日とされているのです。
 けれども、より厳密を期せば、吉良上野介の首がとられたのは六ツ前(午前6時前)との説が有力。夜明け前であることから、もしかしたらその命日も12月14日とすべきだったのかもしれません。

 さて、その赤穂浪士討ち入り日にあたる本日12月14日、講談社の運営するWebメディア『現代ビジネス』に、加来の執筆した寄稿文「赤穂浪士討ち入りの理由は「忠義」じゃない? 実は誤解だらけの「忠臣蔵」の真実」が掲載されました。

【現代ビジネス】
「赤穂浪士討ち入りの理由は「忠義」じゃない? 実は誤解だらけの「忠臣蔵」の真実」

 吉良邸に討ち入り、しばしば「赤穂義士」と呼称される四十七士(実際に討ち入ったのは46人)は、主君であった浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみ・ながのり)の仇を討ち、無念を晴らした忠義の臣、ということになっていますが……。
 実は、そこには大きな誤解があり、その背景には当時、江戸の泰平を生きる武士たちのあいだに残っていた「かぶき者」の気風が影響していた――というのが、加来がこの記事で述べていることの概要です。

 ぜひ、皆さまのご高覧をたまわれればと存じます。

(令和2年12月14日 加来耕三事務所 髙井岳)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの42登録はこちら