加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

【追記あり】『前島密のキッテサブレ』のご案内です。

加来 耕三 (かく こうぞう)

加来 耕三 (かく こうぞう)

KOUZO KAKU
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も少なくない。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

今月のピックアップ


『鎌倉幕府誕生と中世の真相 歴史の失敗学2――変革期の混沌と光明』
(日経BP)

著:加来耕三
定価:1,800円(税別)

今月のピックアップ

〝日本近代郵便の父〟と称され、1円切手にも描かれている上越の偉人・前島密(ひそか)。加来がかねてより、熱心に研究しつづけている人物のひとりでもあり、『明治維新の理念をカタチにした 前島密の構想力』(つちや書店)など、幾つもの著書においても論じてまいりました。昨年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』では、三浦誠己(まさき)さんが前島役を好演され、渋沢栄一(演・吉沢亮さん)や杉浦譲(演・志尊淳さん)とともに、郵便制度をはじめ、日本の近代化のための様々なシステム作りに、果敢に挑む姿が描かれておりました。

〝前島密のことをもっと多くの人に知ってもらいたい〟〝上越の偉人や名所を通じて、上越の良さを伝えたい〟――こうした思いから生まれたのが、『前島密のキッテサブレ』です。前島のイラストがデザインされた切手風サブレが、ギフトボックスに収められており、宛名を記入して切手を貼れば、ボックスごとポスト投函が可能という優れもの。郵便の父にちなんだ、なんとも素敵なアイデアですね!

私たちが普段、何気なく活用している今日の郵便制度。そこに込められた前島密の志と、数々の功績に思いを馳せながら、皆さまもぜひ、このサブレを味わってみられてはいかがでしょうか。あるいは、メッセージを添えて、大切な人へのギフトとしてご利用いただければと存じます。

ご注文はこちらから→https://momofukudou.jp/product_all/

『前島密のキッテサブレ』を加来にご案内くださり、心のこもったご丁寧なおたよりも添えてくださった、百々福堂(有限会社ヴィーダ)の代表・佐藤紀子さまに、この場をお借りして、厚く御礼を申し上げます。また、以前にテレビ番組や講演でご一緒させていただき、今回、佐藤さまと連名で上記サブレをお送りくださった前島密記念館の館長・利根川文男さまも、心より感謝を申し上げます。

前島密という上越の偉人を広めるべく活動されているお二方をはじめとする皆さまに、加来もささやかながらお力添えできますよう、今後も前島密の研究に励んでまいる所存です。この度は、誠にありがとうございました!

(令和4年2月17日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

【追記】以前の記事にてご紹介させていただきました前島密記念館の館長・利根川文男さまより、この度、「前島密献碑祭100周年」に関連するパンフレットと、上記の『前島密のキッテサブレ』をお送りいただきました。利根川館長よりご依頼をいただき、パンフレット内の「作家が見た近代と前島密」の欄に、加来も寄稿をさせていただいております。この場をお借りして、改めまして御礼を申し上げます。誠にありがとうございました。今後も、利根川館長をはじめとする皆さまのご活動が、益々発展していかれますことを、心より祈念しております。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの60登録はこちら