加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

kaku2の記事一覧

加来 耕三 (かく こうぞう)

加来 耕三 (かく こうぞう)

KOUZO KAKU
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も少なくない。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

今月のピックアップ


『鎌倉幕府誕生と中世の真相 歴史の失敗学2――変革期の混沌と光明』
(日経BP)

著:加来耕三
定価:1,800円(税別)

今月のピックアップ
『幸福の足袋 福井への旅』のご紹介です。
近況報告
この度、福井におけるグリフィス研究の第一人者でいらっしゃる細谷龍平先生より、『幸福の足袋 福井への旅』(株式会社ウララコミュニケーションズ)を弊社にご恵送いただきました。 ウィリアム・E・グリフィスは、アメリカ出身のいわゆる「お雇い外国人」...
「紫式部プロジェクト」キャラクター制作のご案内です。
近況報告
現在、福井県越前市では、同市ゆかりの紫式部が主人公となる再来年のNHK大河ドラマ「光る君へ」の放送に先立ち、紫式部のほか、主要人物である清少納言、藤原道長、道長の娘・彰子、安倍晴明の5人を描く、県・市公認キャラクターの制作が進められておりま...
各地で加来が講演を行ってまいりました!
講演
年が明けると、新型コロナウイルスの発生から、早くも3年が経つことになりますが、そのようななかでも、ありがたいことに加来は、リアル・オンライン含めて、継続的に講演のご依頼をいただいてまいりました。近頃は一層増えており、今月中旬の各地での講演会...
『味のカレンダー』2023年版のご紹介です!!
新刊
皆さまは、株式会社味の手帖が刊行する『味の手帖』を、お読みになったことはございますでしょうか。月刊『味の手帖』は、上質な食文化を追求する食通のための情報誌であり、食事をこよなく大切に考える方や、美食家の財界人・文化人の方々による対談やエッセ...
『日本皮膚病学の開拓者 土肥慶蔵』のご紹介です。
近況報告
現在、福井県越前市の武生公会堂記念館では、特別展「日本皮膚病学の開拓者 土肥慶蔵」が、11月27日(日)まで開催中です。こちらの展示解説図録である『日本皮膚病学の開拓者 土肥慶蔵』が発刊され、この度、越前市教育委員会事務局より、弊社にご寄贈...
福岡にて加来が講演を行ってまいりました!
講演
去る10月8日(土)の13時30分から15時まで、福岡市博物館(福岡市早良区)にて、「伊達政宗と福岡の武将たち」と題して、加来が特別講演会をさせていただきました。おかげさまで、大盛況のうちに幕を閉じることができまして、加来も大変嬉しく思って...
山形にて加来が講演を行ってまいりました!
講演
去る9月9日(金)に山形にて、「戦国武将に学ぶリーダーの条件」と題する講演会を実施させていただいたのですが、その際に、旧知の佐藤元彦氏と、加来は久しぶりの再会を果たすことができました。 「東北を世界へ」をモットーとする民間非営利国際経済団体...
福岡にて加来が講演を行ってまいりました!
講演
去る9月29日(木)に福岡県八女市の「おりなす八女」にて、八女市PTA連合会の全体研修会が開催され、「偉人たちの受けた教育」と題して、加来が講演をさせていただきました。 福岡県の南西部に位置する八女市は、提灯や灯ろう、和紙や焼き物など、伝統...
加来の新著『日本史を変えた偉人たちが教える 3秒で相手を動かす技術』がまもなく刊行されます!
新刊
加来の新著『日本史を変えた偉人たちが教える 3秒で相手を動かす技術』(PHP研究所)が、9月初旬に刊行となります! 本書のテーマは「交渉術」です。無理難題に挑まなければならない、事前に段取りがつけられていない、交渉が思い通りに進まない、とい...
小学館『変華球』のご案内です。
近況報告
この春に刊行された『異色野球漫画短編集 変華球』(小学館)につきまして、加来が知人の方より頂戴いたしましたので、御礼も兼ねて、こちらでご紹介させていただきます。 本作には、日本漫画界の巨匠・手塚治虫、野球漫画の代表格・あだち充、世代を超えて...

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの64登録はこちら