加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

9月26日(水)・27日(木)テレビ愛知「ゆうがたサテライト」に、加来が出演いたします!!

加来 耕三 (かく こうぞう)

加来 耕三 (かく こうぞう)

KOUZO KAKU
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も少なくない。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

今月のピックアップ


『鎌倉幕府誕生と中世の真相 歴史の失敗学2――変革期の混沌と光明』
(日経BP)

著:加来耕三
定価:1,800円(税別)

今月のピックアップ

 来たる平成30年(2018)9月26日(水)・27日(木)に、テレビ愛知(テレビ東京系列)の「ゆうがたサテライト」(17時15分~)の中で、「帰雲城の謎を追う」という特集が、前編・後編に分けて放送される予定です。取り上げられるのは、埋蔵金伝説がある岐阜県・白川村の帰雲城の謎です。

 加来はかつて、同局の「激論! コロシアム」の収録のおりに、帰雲城の埋蔵金伝説についてお話をさせていただいたことがあり、加えまして、平成23年(2011)に、『消えた戦国武将 帰雲城と内ヶ嶋氏理』(メディアファクトリー新書)――現在は電子書籍にて刊行中――を著してもおります。そういったこともあり、今回、取材のご依頼をいただきました。

 そして先日、テレビ愛知のディレクターの方が、弊社まで取材にお越しくださり、インタビューを実施してくださいました。なぜ帰雲城に埋蔵金があると推定されるのか、証拠は古文書などに出てくるのか、といった数々の質問に、加来がお答えさせていただいております。また、金が埋まっている可能性は何%くらいかと問われた加来は、「額にかかわらず、埋まっている可能性ということあれば、〇%だと思いますね!」と、驚きの発言も!?

 愛知県にお住まいの皆さま、ぜひご高覧いただけますと幸いです。

(平成30年8月17日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの64登録はこちら