加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

コミック版日本の歴史『戦国人物伝 龍造寺隆信』刊行のお知らせ!!

 来たる6月下旬、株式会社ポプラ社より、加来が企画・構成・監修いたしました、コミック版日本の歴史シリーズ70巻『戦国人物伝 龍造寺隆信』が、いよいよ刊行となります。

 原作は、コミック版日本の歴史シリーズでおなじみの井手窪剛先生であり、一方、作画は、本シリーズ初登場のかねた丸先生です。かねた丸先生は、平成19年(2007)に「マガジンGREAT」(のち「マガジンイーノ」)連載の『裏宗家四代目服部半蔵花録』(講談社/全7巻)でデビューされ、ダイナミックな画風を武器に、時代劇漫画を中心に作品を発表されております。

コミック版 日本の歴史70『戦国人物伝 龍造寺隆信』

 それにしても70巻まで、よくも続いたものです。読者の皆さまに、ただただ感謝の思いです。
 さて、本作の主人公は、前々作『立花宗茂』、前作『大友宗麟』に続き、九州の戦国武将である、龍造寺隆信(りゅうぞうじ たかのぶ)です。漫画化されたのは、はじめてなのではないでしょうか。

 肥前(佐賀県)の戦国大名・龍造寺家に生まれた隆信は、北九州に覇を唱え、「肥前の熊」と称された猛将として知られております。
 当時の九州は、多くの土豪や大名が争う激戦区でした。中でも、豊後(大分県)の大友氏、薩摩(鹿児島県)の島津氏、そして、龍造寺氏の勢力争いは、中国古代の「三国志」にも似た状況であり、いわば “九州三国志” と呼べるような様相を呈しておりました。
 幼い頃から荒くれ者だった隆信は、龍造寺家の当主となってからも、家臣の信用を得られなかったり、家臣の叛逆にあって肥前の地を追われたりと、苦難の日々が続きます。ですが、家臣にして義兄弟でもあり、のちに佐賀藩の藩祖となる鍋島直茂の活躍もあって、隆信は、北九州に壱岐・対馬を加えた「五州二島の太守」となります。
 龍造寺家の最盛期を築いた隆信は、島津氏との決戦で生命を落としますが、隆信や鍋島直茂の魂や生き方は、武士の心得を記した書物である佐賀論語『葉隠』の中に息づき、今に伝えられています。

  武士道とは死ぬことと見つけたり
  (武士道とは、いつでも死ねる覚悟である)
  二つ二つの場にて早く死方に片づくばかりなり
  (生き延びるか死ぬかの選択を迫られた時は、死ぬ覚悟をした方が、かえって生き残れるものだ)

 本作をお読みいただければ、龍造寺隆信の生涯や人柄を、コミックならではの分かりやすさで、学ぶことができるかと思います。

 なお、上記の “九州三国志” に関しましては、先にご紹介した通り、『立花宗茂』と『大友宗麟』のほか、『島津義弘』(37巻)も既に刊行されております。併読を賜われますと、戦国九州の覇権争いについて、さらに理解を深めていただけることと存じます。

 本来の読者であるお子さまはもとより、お子さまをお持ちの保護者の方々、社会人の方でも、歴史が好きな方であればどなたでも楽しんでいただけますので、ぜひ、お手に取ってご一読いただけますと幸いです。

【ポプラ社 コミック版日本の歴史『戦国人物伝 龍造寺隆信』】

                 (令和元年6月18日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)



メルマガ会員募集中

この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中

加来耕三のメルマガへの20登録はこちら