加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

令和3年1月20日、加来が日創研で講演をさせていただきます!!

 今年もはや10月になりました。
 コロナ禍のなか、皆さまも「ニューノーマル」「ニュースタンダード」を模索しながら、あるいは環境の大きく変わった生活に適応しながら、お過ごしのことと思います。
 経営者の皆さまも、未曾有の経済危機をどう乗り越えるか、これからの時代の困難に、どうたちむかっていくか、日々、思案をなされていることと存じます。
 そうした経営者の皆さまにお薦めしたい講演が、来年=令和3年(2021)1月19日(火)・20日(水)の両日、日本創造教育研究所(日創研)の主催により、オンラインにて開催されます。

新春経営者セミナー
【自ら未来を掴む】
~可能思考で事上磨錬~
オンライン開催

 加来が登壇しますのでは2日目の1月20日(水)午前10時~午前11時30分。
「戦国・明治の英傑に学ぶ 未曾有の危機突破法」
 と題し、困難な時代を乗り越えるため、ヒントとなる歴史上のお話をさせていただければと考えております。

 日創研の案内文によりますと、
「現在の日本は未曾有の危機的な状況にある。企業の世界時価総額ランキングを見ても、平成の初めは上位50社に日本企業が多く入っていた。ところが今は、トヨタ1社のみ。シリコンバレーなどでは、次の時代を担う人々が異分野の大学院をいくつも出て、まったく違う発想からアプローチをしているが、日本はそれができていない。加来氏は言う。「大切なのは教育であり、学び続けることだ。これは経営者も同じ。社長が一番学ぶ企業は、社員も勉強をする。」
 日本は今、再び崩壊に向かっているとも言えるが、この下降を止める志のある人間が必要だ。今、経営者に求められているのは、志士たること、行動力である。企業がつぶれる理由は、優秀な人材を登用できないことであり、それを見極める目を持ってないからである。
 今経営者は中間層の人間をどう率いていくのかが問われている。歴史を通して語られる加来氏の講演では私たちがこの危機を突破するヒントが得られることだろう」
 とあります。乞う、ご期待下さい。

 関心のある方は、ぜひ詳細を下記、日創研のホームページをご参照ください。
 なお本講演は、オンラインでの開催となりますので、パソコンとインターネット接続環境が必要となります。参加方法も、あわせて下記ページでご確認いただければと存じます。

【日本創造教育研究所】新春経営者セミナー
https://www.nisouken.co.jp/seminar/newyear

(令和2年10月1日 加来耕三事務所 高井岳)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの35登録はこちら