加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

加来が「生野鉱山×明治150年記念フォーラム」にて講演をいたします!

加来 耕三 (かく こうぞう)

加来 耕三 (かく こうぞう)

KOUZO KAKU
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。 現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。 テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も少なくない。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ

今月のピックアップ


『鎌倉幕府誕生と中世の真相 歴史の失敗学2――変革期の混沌と光明』
(日経BP)

著:加来耕三
定価:1,800円(税別)

今月のピックアップ

 来たる平成30年(2018)10月20日(土)に、兵庫県朝来市が主催する「生野鉱山×明治150年記念フォーラム RESTART~新たな時代へ~」が、朝来市の和田山ジュピターホールにて開催されます。
 ありがたいことに加来もお招きいただき、13時40分より「明治維新から150年 生野鉱山の果たした歴史的役割」と題して講演をさせていただきます。講演終了後に行われるパネルディスカッションでは、朝来市ご出身の映像作家・藤原次郎氏、歴史プロデューサー・早川知佐氏に加え、加来もパネリストを務めさせていただきます。

 明治元年に日本初の官営鉱山となった、兵庫県朝来町の生野鉱山。同年にフランス人技師がこの地を訪れ、鉱業技術革新だけではなく、道路や公共建築物の整備なども行ったため、鉄道などの社会インフラ整備のほか、文化面においても、日本の近代化に大きな影響を与えました。今回のフォーラムは、こうした歴史を市民の皆さまに再認識していただくとともに、朝来市への誇りを醸成し、地方創生に繋げていくことを目的として催されます。

 ご参加は無料となっておりますので、ふるってご参加いただけますと幸いです。
皆さまにお目にかかれますことを、加来は心待ちにいたしております。

(平成30年9月10日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)

メルマガ会員募集中



この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中
加来耕三のメルマガへの64登録はこちら