加来耕三 official website

歴史に学び、未来を読む

コミック版日本の歴史『戦国人物伝 藤堂高虎』刊行のお知らせ!!

 平成30年(2018)12月中旬、株式会社ポプラ社より、加来が企画・構成・監修いたしました、コミック版日本の歴史67巻『戦国人物伝 藤堂高虎』が、いよいよ刊行となります。

 原作は、同シリーズでおなじみの水谷俊樹先生であり、直近では、『大久保利通』『島津斉彬』『木戸孝允』などを手掛けておられます。かたや作画は、シリーズ初登場の横山仁先生です。代表作には、『戦国ゾンビ』『幕末ゾンビ』『大帝の剣』などがあります。横山先生は、勇ましくワイルドな作風に特徴があり、本作の主人公である戦国武将・藤堂高虎のイメージにぴったりだと存じます。

 近江国(滋賀県)で生まれた高虎は、体格に恵まれ、身長約190㎝を誇る大男であり、若き頃より武勇に優れていました。そのため、私と同じように、「猛将」という印象を抱いておられる方も多いのではないでしょうか。
 また、主君を何度も替えた武将としても知られ、「世渡り上手」という一面も見受けられます。後世、「不義理者」「変節漢」といった不当に低い評価をされることもありましたが、高虎が主君を替えたのは、仕えていた家の滅亡や主君の死などが理由であり、仕えた主君に対して、高虎は自ら裏切ったことは一度もありませんでした。
 戦の合間には勉学にも励み、算術・兵術・鉄砲術・築城術なども学んで、知勇兼備の武将へと成長していきます。築城においては特に才能を開花させ、のちに、加藤清正・黒田孝高(官兵衛)とともに、「三大築城名手」として、その名を馳せるまでになりました。現在、「日本100名城」に選ばれている、宇和島城・今治城・大洲城・江戸城・伊賀上野城・丹波篠山城・大坂城・二条城なども、高虎が関わった城として知られています。

 のちに、伊勢津藩(三重県)初代藩主にまでなった高虎は、一見、生まれもった体格や才能に恵まれて、立身出世を成し遂げたようにも思えるかもしれません。ですが高虎は、不遇の時期を経験しながらも、幼き頃よりずっと、人一倍働き、学び、天下泰平を願って、懸命に努力を重ねてきた人物でした。本作をお読みいただければ、高虎のそうした人柄や生涯を、コミックで分かりやすく学ぶことができるかと存じます。

 なお、コミック版日本の歴史シリーズの読者の皆さまにぜひご注目いただきたいのは、第4章の「天下分け目の戦い」=関ヶ原の合戦において、東軍に属した高虎が、西軍の大谷吉継率いる軍と戦うシーンです。同シリーズの66巻『大谷吉継』の作中では、吉継が自決し、その首を家臣が土に埋めるところを藤堂高刑(高虎の甥)が目撃するも、家臣の思いに胸を打たれて見なかったことにする、というエピソードが描かれております。本作『藤堂高虎』では、この場面が藤堂側から描かれており、高刑の心中を汲み取った高虎の、男気溢れる対応に胸を打たれます。ぜひ、2冊あわせてお読みいただき、感動のシーンを双方から味わっていただければと存じます。

 また、コミック版日本の歴史シリーズには、高虎が仕えた『豊臣秀吉』『徳川家康』『徳川家光』をはじめ、戦国時代関連のタイトルが多数ございますので、併読を賜われればなお、ありがたく存じます。
 お子さまはもとより、お子さまをお持ちの保護者の方、社会人の方も、歴史が好きな方であればどなたでも楽しんでいただけます。ぜひ、お手に取ってご一読いただけますと幸いです。

【ポプラ社 コミック版日本の歴史『戦国人物伝 藤堂高虎』】

     (平成30年12月10日 加来耕三事務所 岡本あゆ美)



メルマガ会員募集中

この度、加来耕三のメディア出演・新刊・講演会情報などをお届けするメルマガを発行することになりました。 ぜひご登録お待ちしております。

入会費・年会費無料!

会員登録は、たった1分で完了
加来耕三メールマガジン会員募集中

加来耕三のメルマガへの10登録はこちら